ガザ地区でのパレスチナイスラエルとの、衝突が5/14から15にかけて、衝突という言葉を、選ぶ事は、ご容赦いただきたい。既に60人のパレスチナ側に死者がでており、国連では、この数字は無視できないものとして、重大な懸念を表明している。

トランプ、米国大統領のエルサレムへの首都移転という、発言、その前の、イランの核合意からの離脱宣言といい、米国の強硬策が目立つ様子だ。

有利、不利では、極めて、不利な立場であることではないだろうかと推測する事が可能だ。

レバノンでは、ヒズボラの影響力が増大している。

当初、サウジアラビアと歩調を合わせると見えた、トルコは、最早、クーデターを発端とした騒動で、アメリカとは、温度差があり、

サウジアラビア

イエメンに関し、全く出口が見えそうもない。