インドネシア イスラム教の原理主義が高まる

何がインドネシアで起こっているのか?
キリスト教の知事はイスラムへの冒涜のため、拘束されている。
同性愛のサウナは手入れをされ、2名の同性愛者は鞭打ちの宣告をされた。
そして、今やジャカルタの自爆者は3人の警察を殺害した。

インドネシアは長い間、ISと争うため東南アジアから集まった数百名の過激主義者、そしてイスラム戦闘員と闘っている。弱められた過激主義者団体はより長い生命を手に入れうる。

2人の男性たちは、20歳、23歳は性的関係を互いに持ったため、85回の鞭打ちをシャリーアの法廷で、陪審団の判断で宣告された。
その宣告はトランスフォビアそして、ホモフォビアに対する国際的な1日と一致した。
インドネシア警察は、ジャカルタ内のサウナで"ゲイセックスパーティー"と呼ぶ参加で 141人の男性を拘束した。

インドネシアはその、小規模なLGBTQ集団へ向けての反感の増加を目にした。
ホモセクシャリティーはインドネシアの法の元では、保守的なAceh州を除き違法ではない。
しかし、ジャカルタの警察のRaden Argo Yuwonoは、彼らの数名はジャカルタの反ポルノ法の下で、責任を問われるだろうと言った。

ジャカルタの元知事のBasuki Tjahaa Purnamaは火曜日に冒涜の罪そして、2年の禁固判決を受けた、彼はコーランを注視した発言をした、
昨年、通勤の間、
Purnamaはジャカルタイスラム教の指導者たちは、政治的利益のため、コーラン内の原則を謝って伝えていると主張した。疑問の1節、5章から来る、イスラム教徒たちは、イスラム教徒ではない、指導者を持つべきではないと提案している。Purnamaは、彼の反発は彼自身の様なキリスト教の候補者に対する差別の1節をほのめかした。
彼は後に発言に対し謝罪した。
しかし、いかなる誤った行いを認められなかった。
ますます、女性たちは、この厳しい、逆行する形の罰、結婚してない異性の一員へ犯罪のため、多く鞭打ちになる。
主に、それらの罰はイスラム教徒たちである。インドネシアの90%近くはイスラム教徒である、しかし、昨年4月、キリスト教徒の女性は、最初の非イスラム教徒になった。
Banda Aceh地区のシャリーア法を破ったため、鞭打ちになった。
その60歳はアルコールを販売し、有罪となり、30回の鞭打ちになった。